Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

ウールの帽子&手袋の洗い方

素材

ウール 100%

取り扱い絵表示弱い手洗い・30℃以下・中性洗剤ドライクリーニング可
  • 取り扱い絵表示をチェック

    エマールで洗う前にまず、帽子・手袋・ウール小物の表示をチェック。洗濯機洗い可弱い手洗い、もしくは「洗えます」の表記があれば、おうちで洗えます。
    ウールは熱やアルカリに弱いので、必ず30℃以下の水で、洗剤はエマールなどのおしゃれ着用中性洗剤で洗います。

  • 準備する

    帽子の内側やフチ、手袋の指先、マフラーの首にふれる部分など、汚れやシミがあったら、エマールの原液をつけ、タオルや指などでなじませておきます。
  • 洗う

    1. 30℃以下の水2Lに、エマール5mlを入れた洗濯液を用意します。
    2. 帽子・手袋・ウール小物を浸して、やさしく押し洗い。洗濯液を通すように、水中で「沈める」「浮かせる」を繰り返します。
    3. 洗濯機で15~30秒脱水し、水をかえて2回すすぎます。
    4. 柔軟仕上げ剤を標準使用量溶かし、3分間浸したら、15~30秒脱水します。
  • 干す

    帽子・手袋・ウール小物の形を整えて、陰干しします。

  • 寒い季節になると大活躍するのが手作りニットの帽子やマフラー。毛糸選びからデザインにいたるまで自分の好みにぴったりの作品は末永く愛用したいから、お洗濯はやっぱりエマールです。色落ちも縮みも気にすることなく簡単にお手入れできるので安心して使えます。
  • 鮮やかなブルーの手袋がお気に入り♪冷え症だから手袋は欠かせないし、モノトーンの洋服が多くなる冬には、この手袋がアクセントです。週に一度はエマールでやさしく手洗い。おかげで何年経ってもキレイなブルーのまま手袋が活躍しています♪
  • 私はマフラーを洗います。あったかいから、ついつい顔をうずめたくなるし、肌に直接触れるものだから、いつも綺麗にしておきたい。そして顔にとっても近いので、香りも良いととても嬉しい。毎日のように使い、出番が多いマフラーは清潔で気持ちよく使いたい。エマールで今年の冬もあったかく乗り切ります!
  • 春には、かかせないエマール。ニット帽や手袋、出番の終わった冬物達を一気に洗います。仕上がりふんわりで、縮みもありません。また来年へと出番待ちです。
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...