洗える・洗えないの見分け方

閉じる

マークの服は、エマールで洗えるものと洗えないものがあります。素材などをチェックしましょう。

CHECK 1

洗えます 洗えます(でもちょっと洗い方に注意が必要) 洗えません
綿(コットン)
ポリエステル
ナイロン
アクリル
ウール・カシミア
縮みやすいので、30℃以下の水で強い力をかけずに洗う。
毛羽立ちやすいので強い力をかけずに洗う。
ポリウレタン
コーティング加工されている場合、はがれたりひび割れたりしやすいので強い力をかけずに洗う。
ダウン
浮きやすいので、必ず手洗いする。
レーヨン
キュプラ
アセテート
とこれらの混紡
毛皮
素材が不明のもの
取扱い絵表示がないもの

必ずネットに入れて、
洗濯機のドライコースで洗いましょう。
脱水は1分以内で。

CHECK 2

以下に1つでもあてはまるものは洗えません
特殊なボタン・飾りがついたもの(木・皮・細かい細工など)
はがれたりすることがあります。
芯地を多く使っているもの(コート・スーツ・ネクタイなど)
芯地が縮むことがあります。
特殊な加工のあるもの(シワ加工・凸凹の加工・ジョーゼット・糸が強くよじってある・毛足が長い・クレープ・ちりめん・起毛・刺しゅうなど)
加工がとれたり縮んだり、毛倒れすることがあります。
色落ちしやすいもの(濃い色・柄物)
エマールの原液を目立たないところにつけ、5分後に白い布で軽くおさえます。布に色がついたら洗えません。
和服・カーテン・インテリアファブリックなど