守って補う『セラミドケア』とは

乾燥性敏感肌は、肌の必須成分「セラミド」が不足しがち。
外部刺激から肌を守るバリア機能が低下して、
肌荒れやカサつきトラブルをくり返しやすくなってしまいます。
肌本来の「セラミド」の働きを守り補い、肌のバリア機能を助けるスキンケアで、
肌荒れしにくい潤い肌に保つことが大切です。
キュレルの『セラミドケア*』は、洗浄と保湿の2つのアプローチで、
肌の必須成分「セラミド」の働きを守り補い、肌のバリア機能を助けて潤いを与えます。

  • * セラミドの働きを守り補い、潤いを与えるケア

肌の「セラミド」を守って洗う 洗浄

「セラミド」の働きを 効果的に補い、潤いを与える 保湿

洗浄

「セラミド」を守って洗う

顔やからだを洗うときには、洗浄料とともに「セラミド」も流れ出てしまいがちです。キュレルは、「セラミド」を守って洗うことに着目。角層に影響を与えにくい処方で、「セラミド」を守りながら洗います。

きめ細やかな泡立ちで、汚れを包みこみます。

角層に影響を与えにくい処方なので、肌の必須成分「セラミド」が流れ出にくいです。

潤いを守りながら、やさしく洗えます。

乾燥性敏感肌は、「セラミド」流出にも要注意!

顔やからだを洗うときには、洗浄料とともに「セラミド」も流れ出てしまいがちです。「セラミド」を守って洗うことが、『セラミドケア*』になるのです。

  • * セラミドの働きを守り補い、潤いを与えるケア

保湿

 「セラミド」の働きを効果的に補い、肌のバリア機能を助けて潤いを与える

独自に開発した『セラミド機能成分*』が、角層のすみずみにまで浸透。
「セラミド」の働きを補い、角層細胞間のすき間を潤いで満たします。外部刺激から肌を守るバリア機能を助け、外部刺激で肌荒れしにくい、健やかな「潤い高密度肌」に保ちます。

  • * ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド(以下のキュレル製品に配合:乳液、潤浸保湿フェイスクリーム、リップケア クリーム、潤浸保湿 美容液、アイゾーン美容液、入浴剤、ローション、ジェルローション、クリーム、ハンドクリーム、皮脂トラブルケア 保湿ジェル、美白乳液、美白クリーム、UVミルク、UVクリーム、UVローション、UVエッセンス)リップケア クリームほんのり色づくタイプ、頭皮保湿ローション、BBミルク、BBクリームではセチルPGヒドロキシエチルパルミタミドと表記

1分でわかる「セラミド」って何?

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Page Top