赤ちゃんのためのスキンケア

こんなお悩みありませんか?

冬でも汗っかき…
あせも対策はどうしたらいい?


ほっぺやふとももが
いつもカサカサ、かわいそう…


赤ちゃんの紫外線対策は必要?
いつからするといい?

赤ちゃんの肌はとってもデリケート。
カサつきや肌荒れに、戸惑ってしまうママやパパも多いのではないでしょうか?
毎日きちんとスキンケアしてあげることが、乾燥・肌荒れの予防につながるんです。

「スキンケアといっても、どうすればいいの? いつすればいいの?」
そんなママ・パパに、赤ちゃんのスキンケアのポイントをご紹介します!

スキンケア=保湿? いいえ、それだけじゃないんです!

実は、

洗浄 保湿 UV カット

この3つが全部同じくらい大切なんです!

それぞれで、赤ちゃんのことを考えた
お手入れを心がけましょう!

洗浄

赤ちゃんの肌は汗っかき。
放っておくと、肌荒れの原因になることも。

洗浄の役割は、汗やほこりなどを取り除いて、赤ちゃんの肌を清潔に保ってあげることです。洗うときは、たっぷりの泡で、こすらないように手で洗ってあげましょう。

選び方のポイント

  • 肌をこすらず、やさしく洗えるもの。
    泡タイプは、赤ちゃんを抱っこをしながらでも使えるので便利!
  • 肌本来の潤い(セラミドなど)を守りながら、汗や汚れをしっかり洗えるもの。
  • さっとすすげて泡切れのよいもの。
  • * ボディタオルを使うときは、ぬれてもゴワゴワしない綿素材がおすすめ。

泡ボディウォッシュ

お風呂で顔・からだ洗いに!

医薬部外品

スキンケアシート

お外で汗ふき・よだれふきに!

医薬部外品

知ってる? あせも予防

赤ちゃんの腕や足などのくびれの部分や、汗をたくさんかく背中や首まわりは、あせもが気になりますね。あせもの予防は、こまめにふき取る・洗い流すことが大切です。お出かけのときのあせも予防には、持ち歩きのできる汗ふきシートがサッと使えて便利ですよ。

保湿

理想の状態のように思える赤ちゃんの肌。実は、皮脂量が低く、乾燥しがちな状態…。

保湿の役割は、肌に潤いを与え、乾燥などの外部刺激から肌を守る働きのサポートをすることです。
ローションなどの保湿剤で、水分と油分を補ってあげましょう。特にカサつきが気になるときはクリームをぬるなど、使い分けをしてもGOOD!

選び方のポイント

  • 肌のバリア機能を健やかに保つために、「セラミド」の働きを補う保湿剤がおすすめ。
  • 使用感のよいもの。全身にのばしやすいもの。

ローション

保湿ケアにおすすめ!

医薬部外品

クリーム

特にカサつきが気になるときには

医薬部外品

UV カット

紫外線は、乾燥、赤み・ほてりなどの肌トラブルの原因となることも。

ベビーカーの中でも、アスファルトの照り返しなどで紫外線を浴びてしまうことも!
月齢・年齢に関係なく、お外に出るようになったら、UVカットをぬってあげましょう。露出しがちな足の甲や腕も忘れずに

選び方のポイント

  • 日中のカサつきを防ぐために、UVカット効果と合わせて保湿もできるもの。
  • 負担感なくぬり広げやすい、しっとりしたもの。
  • 紫外線吸収剤無配合、無香料、アルコールフリーがおすすめ。

UVローション

お出かけにおすすめ!

レジャーで活躍 SPF50+も!

ボディウォッシュ

落とすときは、キュレルボディウォッシュがおすすめ!

ボディウォッシュを化粧用コットンやタオルに含ませ、やさしくふきとるようになじませてから洗い流すと、より落としやすいです。

楽しく実践! 赤ちゃんのスキンケア

からだ洗いナビ

泡ボディウォッシュ

肌の必須成分「セラミド」を守りながら洗うことが大切です。

★リラックスした状態で、親子のスキンシップを楽しみながら、お肌を清潔に洗ってあげましょう!
★泡を手のひらに広げてから、手のひらと指のはらで、やさしくなでるように洗います。
★くびれのあるところは、広げて洗いましょう。お湯の温度は、38度がめやすです。

お手てと足は『くるくる洗い』手の先や足先からつけねに 向かって、くるくるとらせんを描くように洗い、 上からなでおろします。

おなか・背中とお顔は『ハート洗い』おなかと背中は3回ずつ、 顔には大きく1回ハートを描きます。 顔は、一番最後に洗いましょう。

すすぎは 『なですすぎ』 パーツごとに、手のひらでなでながらすすぎます。 ゆっくり5つ数えるイメージで、すすぎ残しのないように。

すすぎは 『なですすぎ』 パーツごとに、手のひらでなでながらすすぎます。 ゆっくり5つ数えるイメージで、すすぎ残しのないように。

すすぎは 『なですすぎ』 パーツごとに、手のひらでなでながらすすぎます。 ゆっくり5つ数えるイメージで、すすぎ残しのないように。

印刷したい方はこちら

保湿ナビ

ローション

赤ちゃんの肌にも、「セラミド」の働きを補う保湿ケアを!

クリームやローションで、お肌に潤いを与えてあげましょう。
ママやパパの手のひらでさわってあげると、赤ちゃんはとっても喜びますよ!
赤ちゃんの目を見てお話ししながらぬってあげましょう。

ぬり方の基本は、ゆっくり“くるくる”

手先・足先から! くるくるのあとは、手のひら全体で腕・足をやさしく包んで なでおろしましょう。

からだはハートを描くように! おなかや背中の広い部分にぬるときは、手のひら全体を使ってなでるようにぬってあげましょう。

おしりも忘れずに! オムツ替えで おしりをふいたあとは、 保湿を欠かさずに!

お顔はまんべんなく! ほお、目のまわりを“くるくる” 鼻の下やあごなども 忘れずにぬってあげましょう!

保湿のタイミング

○お風呂あがり ○オムツ替えのとき ○汗をふいたあと などがおすすめです。

UVローション

UVカットのぬり方も、基本は保湿と同じです!やさしく、ゆっくりぬってあげてくださいね!

印刷したい方はこちら

キュレルがはじめての方はこちら

赤ちゃんにも使えるサンプルのプレゼントも!

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
ページ先頭へ戻る