Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

クリアクリーン ダブルプラス

歯を強くしてむし歯予防! 2種類のフッ素とキシリトール配合

  • 初期むし歯()の再石灰化を促進する2種類のフッ素(MFP*1 NaF*2
    配合で、むし歯の発生と進行を防ぎます。
    2つのペースト
  • 歯のエナメル質へのカルシウムの補給を助けるキシリトール配合。
  • すき間の歯垢をすっきり落とす顆粒(清掃剤)配合。

(医薬部外品)

  1. *1 薬用成分 モノフルオロリン酸ナトリウム
  2. *2 薬用成分 フッ化ナトリウム
  3. *3 グリセロリン酸カルシウム

マイルドなライトミント、爽快感の強いクールミント

フッ素は、歯のエナメル質表層付近の領域(表面からの深さ0〜約300μm)で働きます。
浅いところ(0〜約50μm)ではNaFが、
深いところ(約50〜約300μm)ではMFPが主に作用して、
むし歯の発生と進行を防ぎます。

フッ素とは?

フッ素は、海藻類、魚介類、お茶などの食品にも含まれている元素です。むし歯予防としては「フッ素液を歯医者さんで塗ってもらう」「フッ素入りハミガキを使う」といった方法があります。

酸でとけはじめた歯の再石灰化を促進→むし歯をしっかり予防!

フッ素1 NaF(フッ化ナトリウム) 歯のエナメル質表層付近の浅いところ(表面からの深さ約0〜約50μm)で主に作用し、むし歯を予防。フッ素2 MFP(モノフルオロリン酸ナトリウム) 歯のエナメル質表層付近の深いところ(表面からの深さ約50〜約300μm)で主に作用し、むし歯を予防。青と白、2つのペーストにそれぞれ別のフッ素が入っています。

歯垢から出る酸によって歯のミネラルが溶け出し、それが繰り返されると「初期むし歯」(★)になります。

2種類のフッ素の吸着・浸透イメージ図
  • クリアクリーン ダブルプラスで磨くと、2種類のフッ素(NaF:白、MFP:青)が歯に吸着。
  • 浅いところ(0〜約50μm)では、主にNaFが作用して・・・
  • 深いところ(約50〜約300μm)では、主にMFPが作用します。

2種類のフッ素が吸着・浸透し、歯にミネラルを取り込んで再石灰化を促進、初期むし歯のうちにむし歯を予防します。

★「初期むし歯」なら、まだ間に合うかも!
初期むし歯とは、歯垢から出る酸によって、歯からミネラルが溶け出し、表面からわずかに内側の密度が低くなった状態のこと。穴があく一歩手前の状態で、歯の検診では「CO(シーオー):要観察歯」と診断されることもあります。自覚症状がなく、外見上も健康な歯とほとんど変わらないため、見逃しやすいのですが、実はこの段階でのケアがとても重要です。
おすすめのハブラシ

歯間の奥の歯垢まで深く届いて落とす! クリアクリーン 歯間に届く2段毛 ハブラシ

飛び出した長い毛先が歯間の奥深くに届いて、
つまり汚れまでからめとります。

くわしい製品紹介へ

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...