オーラルケア情報

オーラルケア情報

オーラルケア情報

乳歯期の歯みがきQ&A (0〜6歳)

乳歯期の歯みがきQ&A (0〜6歳)

乳歯期の歯みがきQ&A (0〜6歳)

1. 乳歯の“むし歯の特徴”

むし歯の原因は、歯の表面についている細菌のかたまり=歯垢です。この歯垢の中にいるミュータンス菌(むし歯菌)が、砂糖から「酸」を作ります。酸は、歯の大敵。エナメル質を溶かし、むし歯を作ります。

乳歯は、永久歯に比べて、酸に弱く、またエナメル質がうすく、やわらかいという特徴があります。このため、むし歯になると進行がはやく、5~6カ月で神経まで達することがあります。

むし歯は、歯と歯の間の見えないところにできやすいため、穴があくまで気がつかないことが多く、気づいたときにはかなり進行しているケースも。お子さんに痛い思いをさせないためにも、早期発見が大切です。少なくとも1年に2~3回の定期的な歯科検診をおすすめします。

乳歯と永久歯のちがい

乳歯のむし歯の特徴

3歳までの子どもは、上の前歯がむし歯になりやすく、とくに歯と歯の間や歯のつけ根に注意が必要です。下の前歯にむし歯が少ないのは、歯の裏側には唾液の出るスポットがあり、つねに細菌を洗い流したり、酸で溶け出した歯の修復を行っているからです。

3歳をすぎたら、奥歯のみぞや奥歯と奥歯の間に注意しましょう。そして、5~6歳ごろには、初めての永久歯「六歳臼歯」が生えてくるので、見逃さないようにチェックして、いっそうていねいなケアを心がけてください。

乳歯のむし歯になりやすいところ

ジュースなどの甘い飲み物をほ乳びんに入れて、日常的に飲ませていると、前歯が欠けたようになくなってしまう「ほ乳びんむし歯」になることがあります。ほ乳びんはミルク専用にして、果汁やジュース、イオン飲料などの甘い飲み物は、スプーンで飲ませるようにしましょう。

また、ミルクをほ乳びんで与えるのも1歳くらいまでにして、その間はあまり甘い飲み物を与えすぎないこと。早いうちからジュースなどを飲ませると、ほしがるようになって、その後のむし歯予防が大変です。

まず、乳歯がむし歯になると、痛みがあったり、ひどい場合には穴があいて、ものがしっかりかめなくなります。よくかめないと、唾液が十分に分泌されないので、栄養の吸収が悪くなります。また、かたいものを嫌うようになり、偏食の原因にもなります。

さらに、永久歯の歯並びにも影響してきます。きちんとかめないと、あごが発達せず、永久歯の並ぶスペースがなくなってしまうからです。また、乳歯がむし歯によって早く抜けると、永久歯は目標を失って、正しい位置に生えてこられません。

歯並びが悪いと、みがき残しが多く、むし歯になりやすかったり、ひどいむし歯や悪い歯並びが原因で性格が内向的になったりすることもあります。乳歯を健康に保つことは、永久歯だけでなく、子どもの心身の成長のためにも、とても重要なことなのです。

乳歯のむし歯による影響


  • 歯の健康 基本のき

  • 乳歯期の歯みがきQ&A (0〜6歳)

  • 生えかわり期の歯みがきQ&A (6〜12歳)

  • 歯みがきカレンダー

  • 小さなお子様向け クリアクリーンキッズ

  • 小学生向けコンテンツ 歯みがきたんけん隊

  • クリアクリーン 製品ラインナップ

Page Top