Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

歯ブラシのえらび方

ブラシは、年れいに合ったものを。

ふくざつな口の中を、すみずみまできれいにみがくためには、まわりのきく歯ブラシがひつようです。そのために、歯ブラシは、年れいに合った大きさのもの(クリアクリーン Kid's ハブラシ 7〜12才けなど)をえらびましょう。また、歯ぐきをきずつけないよう、歯ブラシの毛先がまるく加工かこうしてあることも大切です。

歯ブラシの持ち方
みがく部分によって持ち方をかえて、歯ブラシを歯にきちんとあてようね。

こんにちはの持ち方
前歯や下の奥歯のみぞなどをみがくときは、毛先を自分のほうへむけて持ちます。

さようならの持ち方
上の前歯のうらや、上の奥歯のみぞなどをみがくときは、毛先を外にむけて持ちます。

ペングリップ
みがくとき、力が入りやすい人は、歯ブラシをえんぴつのように持つのもおすすめです。

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...