クリアクリーンキッズ 歯みがきたんけん隊

クリアクリーンキッズ 歯みがきたんけん隊

クリアクリーンキッズ 歯みがきたんけん隊

口の中をよく見てみよう!
みんなはが何本あるか、 歯がどんなやくわりをはたしているか、 っているかな?

のしくみ

おとなのは、28~32本。

みなさんは、いま自分のが何本あるか、知っていますか。 子どもの歯(乳歯にゅうし)は20本。 6才ごろからぬけはじめて、おとなの歯「永久歯えいきゅうし」にすべて生えかわると、28本になります。 「親知おやしらず」とよばれる歯4本を入れると32本ですが、このごろは生えない人も多いようです。

の生えかわり

永久歯えいきゅうしは、一生使う大切な歯。

5~6才になると、乳歯にゅうしがぬけて、永久歯に生えかわりはじめます。 さいしょの永久歯は、乳歯のおくに生えてくる「六才臼歯ろくさいきゅうし」。 この歯は、かむ力がもっともつよい、だいじな歯です。 その後、前歯まえばからじゅんに生えかわり、13~14才ごろには、すべて永久歯になります。

のやくわり

からだの健康けんこうは、の健康から。

には、いろんなやくわりがあります。 まず、「ものをかむ」という歯本来ほんらいのやくわり。 それから、「発音はつおんをたすける」「かおかたちをととのえる」などのやくわり。 そして何より、歯ごたえをたのしみ、なんでもおいしくべるために、歯はかかせないものです。

のよごれ(歯垢しこう

歯垢しこうは、むしのもと。

をつまようじなどでこすると、白いものがついてきます。 それが「歯垢しこう」です。 歯垢は、べかすではありません。 バイキンがかたまってできたもので、この中にむしきんもすんでいます。 歯垢はネバネバしているので、うがいだけではとれません。 歯ブラシでていねいにみがくことがひつようです。

かむことの大切さ

よくかむことが、なぜ大切なの?

よくかめば、だえきがいっぱいて、食べものの消化しょうかがよくなります。 また、だ液には、むしをふせぐはたらきもあります。 さらに、よくかんでべると、頭のはたらきが活発かっぱつになったり、ひまん防止ぼうしにつながったりと、いいことがいっぱいあるのです。

動物どうぶつ、人間の歯

の形は、べものの種類しゅるい関係かんけいふかい。

動物どうぶつには、おもに肉をべる肉食動物にくしょくどうぶつ、おもに草を食べる草食動物そうしょくどうぶつ両方りょうほう食べる雑食動物ざっしょくどうぶつがいます。 歯の形は食べものの種類しゅるいふかくかかわっています。

●肉食動物は、とくに犬歯けんし発達はったつ。 (ライオン、オオカミ、ネコなど)

肉をさいたり、ほねをかみくだいたりするために、歯がするどくとがっています。 えものをとらえるために、とくに犬歯けんし発達はったつ臼歯きゅうし奥歯おくば)は、ハサミのようになっていて、肉をくいちぎったら、あまりかまずにのみこみます。

●草食動物は、門歯もんしや臼歯が発達。 (ウシ、ウマ、シカなど)

草をかみ切る門歯もんし前歯まえば)が発達。 臼歯(奥歯)は草やくだものをすりつぶすために、うすのようになっています。 犬歯はあまり発達していません。 草は消化しょうかしにくいので、“はんすう”といって、一度いちど食べたものをかみかえす動物もいます。

●雑食動物は、どの歯も平均的へいきんてきに発達。 (ヒト、サル、クマなど)

雑食動物の歯には、肉食動物と草食動物の両方のとくちょうがあります。 前歯は食べものをかみきり、臼歯(奥歯)は臼のように食べものをすりつぶすはたらきをします。 どの歯も、平均的へいきんてきに発達しています。

動物のふしぎな歯

●ネズミ、ウサギ、リスなど

歯がつねにのびつづけるので、かたいものを食べて、歯をすりへらし、のびすぎないようにしています。

●サメ

歯のうしろに、何列なんれつもの歯がじゅんびされていて、歯がぬけると、ベルトコンベア式にあたらしい歯がでてきます。

おさらいテストにチャレンジ!

  • たんけん1. 口の中のふしぎ

  • たんけん2. むし歯のふしぎ

  • たんけん3. 歯みがきのふしぎ

  • 歯みがき剤と歯ブラシのしょうかい

  • 歯みがきカレンダー

Page Top