Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

動物の歯、人間の歯

の形は、べものの種類しゅるい関係かんけいふかい。

動物どうぶつには、おもに肉をべる肉食動物にくしょくどうぶつ、おもに草を食べる草食動物そうしょくどうぶつ両方りょうほう食べる雑食動物ざっしょくどうぶつがいます。歯の形は食べものの種類しゅるいふかくかかわっています。

●肉食動物は、とくに犬歯けんし発達はったつ
(ライオン、オオカミ、ネコなど)
肉をさいたり、ほねをかみくだいたりするために、歯がするどくとがっています。えものをとらえるために、とくに犬歯けんし発達はったつ臼歯きゅうし奥歯おくば)は、ハサミのようになっていて、肉をくいちぎったら、あまりかまずにのみこみます。

●草食動物は、門歯もんしや臼歯が発達。
(ウシ、ウマ、シカなど)
草をかみ切る門歯もんし前歯まえば)が発達。臼歯(奥歯)は草やくだものをすりつぶすために、うすのようになっています。犬歯はあまり発達していません。草は消化しょうかしにくいので、“はんすう”といって、一度いちど食べたものをかみかえす動物もいます。

●雑食動物は、どの歯も平均的へいきんてきに発達。
(ヒト、サル、クマなど)
雑食動物の歯には、肉食動物と草食動物の両方のとくちょうがあります。前歯は食べものをかみきり、臼歯(奥歯)は臼のように食べものをすりつぶすはたらきをします。どの歯も、平均的へいきんてきに発達しています。

動物のふしぎな歯

●ネズミ、ウサギ、リスなど

歯がつねにのびつづけるので、かたいものを食べて、歯をすりへらし、のびすぎないようにしています。

●サメ

歯のうしろに、何列なんれつもの歯がじゅんびされていて、歯がぬけると、ベルトコンベア式にあたらしい歯がでてきます。

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...