Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

使い方

ヘアカラーリング剤の使い方

クリームタイプ

ハケ状のブラシで、染めたいところに丁寧に塗ることができるクリームタイプ。
生えぎわや伸びてきた白髪の根元を染めやすいのが特長です。

*使用上の注意をよく読んで、正しくお使いください。
*ヘアカラーでかぶれたことのある方は絶対に使用しないでください。
*ヘアカラーで染毛の2日前(48時間前)には、毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしてください。

使用する前に
  • 身じたくを確認します。
  • ● 皮膚への着色を防ぐために、水をはじくクリームを顔まわりや耳、腕などにつけてください。
  • ● 髪のからまりを防ぐために、必ず髪をとかしてください。

*ヘアカラーで染毛の2日前(48時間前)には、毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしてください。

1混合クリームをつくる

1剤と2剤を同量ずつトレーに出し、手袋をしてコームブラシで混ぜ合わせます。

ページトップ

2混合クリームを髪につける

白髪の気になる部分にブラシ部でつけます

白髪の気になる部分の根元にたっぷりつけます。

生えぎわが気になる

根元を押さえるように混合クリームをつけます。

分け目が気になる

髪を分けて分け目の両端につけます。

耳まわりが気になる

ブラシを耳に沿わせて後ろへつけます。

つむじまわりが気になる

下を向きながらつけます。

クシ部でとかしてなじませます

混合クリームをつけ終わったらクシ部でとかしてなじませます。

髪についた混合クリームをしごきとらないようにご注意下さい。

もう一度  白髪の気になる部分につけます

混合クリームでおおうようにたっぷりつけます。

地肌が見えないくらいつけるのが目安です。

根元を押さえつけるようにたっぷりつけることがポイントです。

白髪の気になる部分にしっかりついているか確認します。

ページトップ

3よくすすぎ、シャンプー・リンス

放置時間がすぎたら、よくすすぎます。
シャンプーを2回した後、コンディショナーなどをしてよく乾かします。

ページトップ

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group