Japan
Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

使い方

ヘアカラーリング剤の使い方

クリームタイプ

ハケ状のブラシで、染めたいところに丁寧に塗ることができるクリームタイプ。
生えぎわや伸びてきた白髪の根元を染めやすいのが特長です。

*使用上の注意をよく読んで、正しくお使いください。
*ヘアカラーでかぶれたことのある方は絶対に使用しないでください。
*ヘアカラーで染毛の2日前(48時間前)には、毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしてください。

使用する前に
  • 身じたくを確認します。
  • ● 皮膚への着色を防ぐために、水をはじくクリームを顔まわりや耳、腕などにつけてください。
  • ● 髪のからまりを防ぐために、必ず髪をとかしてください。

*ヘアカラーで染毛の2日前(48時間前)には、毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしてください。

1混合クリームをつくる

1剤と2剤を同量ずつトレーに出し、手袋をしてコームブラシで混ぜ合わせます。

ページトップ

2混合クリームを髪につける

髪の前半分にブラシ部でつけます

POINT1

白髪の気になる部分から混合クリームを根元にたっぷりつけます。

次に中間から順に毛先の方へ混合クリームをつけていきます。

POINT1

コームブラシの柄の先で髪を分けとり(2cm程度)くり返します。

髪の後ろ半分にブラシ部でつけます

POINT1

混合クリームを髪の根元につけ、中間から順に毛先の方へのばします。
頭頂部から順にえり足に向かって、コームブラシの柄の先で髪を分けとりながら、くり返します。

POINT1

混合クリームをつけ終わったらクシ部で髪全体に均一にのばします。つけた混合クリームをかきとらないように、クシを立ててとかすことが大切です。

もう一度 白髪の気になる部分につけます

混合クリームでおおうようにたっぷりつけます。

地肌が見えないくらいつけるのが目安です。

根元を押さえつけるようにたっぷりつけることがポイントです。

生えぎわ、分け目、つむじ、
えりあしにしっかりついているか確認します。

ページトップ

3よくすすぎ、シャンプー・リンス

放置時間がすぎたら、よくすすぎます。
シャンプーを2回した後、コンディショナーなどをしてよく乾かします。

ページトップ

Check
Share to Facebook Share to Twitter More...
Copyright © Kao Corporation. All rights reserved.
Kao Group