手あらいのヒミツ大百科

手あらいのヒミツ大百科

手あらいのヒミツ大百科

2

手洗いって大切!

〜みんなの元気を守る手洗い〜

第2章 ヒミツ1

気づいてた?
体の中でいちばん洗うのは手!

髪や体を洗うのは、お風呂で1日1回。洗顔は朝・晩の2回。歯磨きは食後の3回。手洗いは、気づいたときに何回でも!それだけ手洗いって大切なんだね。
だからハンドソープを選ぶときも、手肌のことまでちゃんと考えなくちゃ。毎日の手洗いには、殺菌力とうるおいキープのハンドソープがうれしいね!

第2章 ヒミツ2

手洗いで、救える命がある。
10月15日は「世界手洗いの日」

世界で、5歳の誕生日を迎えられずに亡くなる子どもの数は、年間約880万人。その多くは、予防可能な病気が原因なんだって。もし、せっけんを使って正しく手を洗うことができたら、年間100万人もの命を救うことができ、下痢で学校を休む子どもたちも、大幅に減らすことができるよ。

せっけんを使った手洗いは、自分の体を病気から守る、とてもシンプルな方法なんだね。

正しい手洗いを広めるために。2008年から、10月15日は「世界手洗いの日」(Global Handwashing Day)と定められたよ。

第2章 ヒミツ3

プロの手洗い!
~お医者さんは、徹底的に手洗いを習う!~

人間の命をあずかるお医者さん。東京大学医学部附属病院では、研修医のときに「手術場手洗い実習」や「病棟手洗い実習」という授業があって、徹底的に手の洗い方を習うんだって。手を洗うってことが、どんなに大切なことかわかるね。

Page Top