Check
Share to Facebook Share to Twitter More...

お手入れポイント

ほんのちょっとの工夫で、あなたの髪はもっときれいになる。
意外と知られていない、お手入れのポイントをご紹介します。

  • シャンプー

    洗う前の1分でこんなに変わる!

  • コンディショナー・トリートメント

    トゥルッとした感触がサイン!

  • 濃密ヘアマスク

    なじませた後の5分間

  • タオルドライ

    ポンポンと優しく

  • 洗い流さないトリートメント

    髪の表面だけにつけていませんか?

  • ヘアドライ

    スタートは髪の根元から!

シャンプー 洗う前の1分でこんなに変わる!

シャンプーをつける前に1分、髪と地肌をぬらしましょう。

しっかりぬらすと、シャンプーの働きを効果的に発揮させることができます。

キレイのためのもうひと手間

指のはらでらせんを描くように、地肌を動かしながら洗います。
頭頂部に向かって
生え際から
耳の後から
襟足から
それぞれ3回ずつが目安です。

ココに気をつけて!

髪が十分にぬれていない状態でシャンプーをすると、摩擦が起こり、髪に負担がかかってしまいます。

コンディショナー・トリートメント トゥルッとした感触がサイン!

指先にトゥルッとした感触を感じたら、
なじませ完了のサイン。

軽く水気をきって、適量を手に伸ばし、毛先を中心になじませてください。

キレイのためのもうひと手間

コンディショナーもしくは、トリートメントを髪全体にいきわたらせたら、親指とひとさし指と中指で毛束をひとつまみはさんで、毛先に向かって何度か指をすべらせます。

ココに気をつけて!

髪の水気をきった方が、補修成分が髪にしっかりとどまって浸透しやすくなります。

心ほぐれるひととき5分間のススメ

シャンプーの後、水気を充分にとり、髪全体にたっぷりとお使いください。(セミロングでピンポン玉1個程度 約15g)
なじませた後、5分ほどおくとより効果的です。あと、しっかりすすいでください。

※持続効果が高いため、週1~2回程度のご使用をおすすめします。

洗い流さないトリートメント お風呂上がりの美髪ケア

ステップ 01タオルドライ

ポンポンと優しく

こすらずに、ポンポンと優しく吸収させて。

キレイのためのもうひと手間

両手を使って、タオルでやさしくつつみこみ、髪の水分をタオルにうつします。場所を変えながら何度か繰り返してください。爪を立てたり、こすったりせず、優しく扱いましょう。
頭皮にタオルをあて、指の腹でマッサージするようにして水分をふきとります。

ココに気をつけて!

タオルドライの時の髪は、傷つきやすくとても繊細。ゴシゴシ拭いてしまうと、傷んでゴワつく原因に。

ステップ 02なじませる

髪の表面だけにつけていませんか?

洗い流さないトリートメントは、毛先と内側にもなじませるのがポイント。

  • 髪の美容オイル

    耳のあたりから毛先にかけて
    まんべんなくなじませましょう。

    タオルドライ後に、1~2プッシュずつ手にとり、毛先中心になじませます。傷みが気になる部分にはさらに少しずつ重ねづけを。 <均一になじませるポイント> オイルを手のひらでよくのばし、髪の外側から軽く手を握るように、毛先まですーっとなじませてください。内側も同様に。

  • 髪の美容ミルク

    根元以外に、均一に、
    なじませましょう。

    タオルドライ後に、少量ずつ(セミロングヘアで2~3プッシュ)なじませます。 <均一になじませるポイント> 手のひらでよくのばし、髪の左右・内側・外側と手グシを通しながら、毛束ごとにつけるのがポイント。忘れがちな首の後ろ側の髪にもしっかりと。

  • 髪の美容ミスト

    髪全体に、まんべんなく
    スプレーしましょう。

    タオルドライ後に、全体にまんべんなくスプレーし、適量(セミロングヘアで、ノズルをひいて10回分が目安)を手グシ・またはブラシでとかします。 <髪全体にミストがいきわたるポイント> 外側だけでなく、内側にもしっかりいきわたるように、髪をもち上げながらスプレーし、手グシまたはクシでとかすのがポイント。

ココに気をつけて!

根元からべったりつけると、髪がぺしゃんこになってしまうので、毛先・内側中心になじませましょう。
ざらつきを感じる部分には少し多めになじませましょう。

ヘアドライ スタートは髪の根元から!

  • まずは根元から乾かす

    後ろ側から前髪に向かって手ぐしをジグザグに動かしながらトップを中心に乾かしていきます。
    ※ドライヤーは、髪から15〜20センチ離しましょう。

  • 全体を乾かす

    頭の丸みにそって手ぐしを動かす。
    毛流れと逆サイドに向かって乾かすのがコツ。

  • 毛流れを整える

    全体的に乾いたら、髪の内側に手ぐしを入れ、手前に引っ張りながら毛流れを整えていきます。最後の仕上げに冷風を使うと、ツヤが際立ちます。